中小企業の資金調達、起業支援、相続対策は「認定経営革新等支援機関」の当事務所にお任せください!

【学び場】資金と会計

  • HOME »
  • 【学び場】資金と会計

キャッシュは、会社にとっての血液であり、それが途絶えてしまうと、会社は存続できません。ここでは、キャッシュを産み出す知恵とその背後にある会計の考え方のポイント、賢い融資を受け方をなどご案内します。

1.キャッシュを産み出す

キャッシュを産み出すというと、すぐに「売り上げだ」、「経費削減」となりがちですが、実はもっと身近なところに、資金は隠れています。

勘定あってゼニ足らずとなるわけ

損益計算書を見ると、利益が出ている。しかし会社の銀行口座にキャッシュの残高がない。エッ何で?と思っても、通帳を見るとやっぱりない。なぜ、このようなことになるのか。

買掛金が増えるとキャッシュも増える?

税引前利益=現金残高、ではありません。でも、買掛金があると、その分税引前利益より手元のキャッシュが増えます。買掛金はキャッシュアウトのない費用なので、キャッシュが増えるわけです。んんん?、何だか意味不明な説明。続きは、本文をご覧ください。

運転資金からキャッシュを引き出す

運転資金を多めに保有していませんか?運転資金は、売掛金の入金がある前に買掛金等の支払にあてるために、手元で保有するお金です。しかし、その保有残高が多いと、資金の利用効率が低下します。運転資金の適正レベルを検証してみましょう。

社内に眠っている資金の見つけ方

会社におけるメインの資金源は売上なので、「売上を上げて資金を確保しよう」と考えがちです。しかし現実には売上をすぐにアップさせ、資金を確保するのは結構大変です。一方で、社内に目を向けると、そこにはまだまだキャッシュが隠れています。その場所を探りあてて、眠っているキャッシュを掘り起こしましょう。

中小企業は資金のスピードで勝負

資金は持っているだけでは、何も利益を生みません。いかに事業で活用して利益を生み出せるかが勝負です。銀行も「総資本経常利益率」などの指標で、資本効率を評価しており、その数値が高いほど格付けも良くなります。では、中小企業ではどうやってこの数値を上げればよいでしょうか?

 

2.会計知識を活用しよう

お金のことは、税理士まかせ、奥さんまかせ、という中小企業の社長さんによく出会います。
しかし、経営のかじ取りをする社長さんこそ会計知識が必要です。

会計を使おう

会計には、財務会計と管理会計の2種類があります。財務会計とは損益計算書と貸借対照表により、会社業績を対外的に示すものです。一方、管理会計は自社の事業状況を把握したり将来計画をたてる際の指標として社内で利用します。損益分岐点分析や原価管理などで利用します。

損益分岐点から売上計画をたてる

損益分岐点を把握せずに、売上アップ一辺倒でいくと、売上は増えているのに利益が出てない、ということになりかねません。その要因は固定費にあります。固定費という言葉から「固定して変動せず」というイメージを受けますが、そんなことはありません。実は固定費が変動することで、利益に大きな影響が出てきます。

債権管理のツボは消滅時効

債権管理とは、要するに売掛金の回収のことです。売掛金の回収をキッチリやらないとキャッシュが生まれません。営業の仕事は請求書を出したら終わり、ではありません。代金回収が完了して完結します。もし、回収せずに放っておくと、知らないうちに請求権が消え失せてしまいます。

正常収益力と実態バランス

金融機関は、いつも融資先企業の「正常収益力」と「実態バランス」に注意を向けています。収益力は損益計算書から、バランス(資産・負債・資本)は貸借対照表から把握します。どう注意するのか。それは、そこに記載された数字が正しいか、現状を正確にあらわしているかという観点です。では、それをどのようにチェックするのか?

CFチェックで決算書のウソがばれる

上場企業では、2000年3月期から、キャッシュフロー計算書の作成が義務付けられています。中小企業では、まだ求めれられていませんが、とても有効な資料です。この計算書を作成すると、実は損益計算書と貸借対照表のウソがバレてしまう、という優れものです。

 

3.賢い融資の受け方

資金は会社にとって血液のようなもの、川を流れる水のようなものです。枯渇すれば即、会社は倒れてしまいます。だからといって、借りすぎは禁物。返済を見越した賢い融資が必要です。

事業性評価と融資

事業性評価とは「金融機関が事業融資の際に、必要以上に担保や保証に依存することなく、融資先企業の事業内容や成長可能性などを適切に評価していく」ということです。これは、金融庁が全国の金融機関に対して、強く求めているもの。であれば、融資を受ける会社としても、その内容をきちんと把握しておくことが大事です。

少しでも安い金利で借りよう

当たり前ですが、少しでも安い金利で融資を受けることが出来れば、それだけ返済が楽になります。即日融資、年利4.8%から、などのファクスが来ませんか?この金利、現状ではとても高いです。日本政策金融公庫からは1%前後での融資が受けられます。少しでも低金利で融資を受けて、返済負担を軽くしましょう。

信用保証協会について

信用保証協会は、事業者であればお世話になっている方も多いと思います。ところが、信用保証協会が融資をしている、と勘違いしている方もいるようです。ここでは、信用保証協会の重要な仕事、保証と代位弁済についてご説明します。

借入の返済金はP/Lのどこにある?

質問です。「借入の返済金は、損益計算書の支出のどこに記載されていますか?」、「何をバカなことを聞いてるんだ!」と怒ったかたには、申し訳ありません。でも、この質問にはとても大事な意味が込められています。

サービサーから返済請求が来たら

サービサーとは、債権回収会社のことです。銀行などから委託されたり債権を譲り受けて、その管理回収業務を行う会社、となっています。法務大臣の認可を受けた民間企業です。昔の取り立てやとは違うので、もし請求書がきたら、まずは電話してお話しましょう。

 

4.お役立ち情報

雑学的なお役立ち情報を、ご紹介します。
今後も、随時増やしていきたいと思います。ご参考にしてください。

取込詐欺の防止策

取り込み詐欺(掛買いをして、そのままドロン)は、9月~11月にかけて増えるそうです。その理由は、年末や年度末にかけてノルマに追われ、取引先の信用調査も不十分なまま、物を送付してしまう、などの背景があるようです。もし「おやっ?」と思ったなら、相手の会社謄本をチェックすることをお勧めします。

事業承継のすすめかた

経営者の高齢化が進んでいますが、承継者が決まっていない会社が多いと言われています。事業を将来にわたって継続していくには、経営者の引継ぎが必要です。その要点は、会社が有するノウハウ、人的資産、取引先との関係など、非財産的な部分の承継です。

「金持ち父さん」の資産の定義は?

ロバート・キヨサキが執筆した「金持ち父さん 貧乏父さん」、ご存知の方も多いと思います。この著作の中で、筆者は”本物の資産とは何か”ということを、繰り返し強調しています。それは、貸借対照表に現れる資産の定義とは、まったく別ものです。

ロバート.キヨサキが教える起業家のスキル

ロバート・キヨサキ自身は成功した起業家です。しかし、彼は自身の著作で、ビジネスを軌道に乗せるまでの様々な失敗の体験を赤裸々に紹介しています。その経験と「金持ち父さん」からの教えをもとに、起業家が持つべき必須の5つスキルを紹介しています。ぜひ、ご一読ください。

PAGETOP
Copyright © 野積行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.